憾満ヶ淵(かんまんがふち)にレンゲショウマ咲く・・・・・2010/8/8 日光

2010/8/8 日光

 

                      日光市指定名勝である憾満ヶ淵(含満ヶ淵

 

 


イメージ 8


 

 

 

大谷川の流れが不動明王が真言を唱えるように響くので

晃海大僧正が真言の最後の句「カンマン」を取り憾満ヶ淵と名付けたという

 


イメージ 1

 

 

イメージ 2

 

慈雲寺


 承応(じょうおう)3年(1654年)に晃海大僧正が創建し

    阿弥陀如来と師の慈眼大師天海の像を祀った



当時の建物は明治35年(1902年)9月の洪水で流失した

   現在の本堂は昭和48年(1973年)に復元された

 

 


イメージ 3

 


 

並び地蔵(化け地蔵)


慈眼(じげん)大師天海の弟子約100名が寄進したもの



 

イメージ 4

 

 明治35年(1902年)の大洪水で、親地蔵と他のいくつかが流された

参詣者がこの地蔵の数を数えてみると、そのつど数が違うというところから

化け地蔵とも呼ばれるようになった

 

 

 

     並び地蔵(化け地蔵)の傍に咲くレンゲショウマを見つけた♪

 


イメージ 5



 

イメージ 6


 

イメージ 7


 

 

 

レンゲショウマは爺の好きな花

 

 


 


 

 

コメント

非公開コメント

プロフィール

アキ爺

FC2ブログへようこそ!

最新情報

月別アーカイブ