寒い山から下りて熱々の『すいとん』・・・・・2009/11/15 菅沼・峠の茶屋

2009/11/15 燕巣山を登山した帰りに



菅沼の峠の茶屋で「すいとん」を食べた



爺は寒くなるとよく立ち寄り食べるのだ♪



イメージ 1





イメージ 2

ちなみに値段は\300円



           すいとん(水団)
すいとん(水団)は、小麦粉の生地を手で千切る、手で丸めるなどの方法で小さい塊に加工し、
汁で煮込んだ日本の郷土料理♪
すいとんの歴史は長く、室町時代の書物に「水団」の字が見られる♪
江戸時代から戦前は、すいとん専門の屋台や料理店が存在しており、
当時の庶民の味として親しまれていた♪




戦時中の代用食

第二次世界大戦末期から終戦の食糧事情の悪い時期の日本で、主食の米に変わる代用食として「すいとん」という名称の料理が作られた。これは郷土料理のすいとんと同名であるが、調理方法の全く異なる料理である。

コメント

非公開コメント

プロフィール

アキ爺

FC2ブログへようこそ!

最新情報

月別アーカイブ