虹雲?気象光学現象?環水平アーク?・・・・・2009/8/15 月山頂上

2009/8/15 月山の山頂にて

珍しい虹色の雲を見た!



イメージ 1



これは気象光学現象 (きしょうこうがくげんしょう)の1つ

       「気象光学現象」とは
空中の小さな水滴や氷の結晶によって太陽などの光が屈折や反射されて見える現象
その中でも一番よく知られている現象は「虹」
気象光学現象とは「虹」や「虹みたいなもの」ということでいいんじゃない♪

「気象光学現象」には
虹 - 彩雲 - 光冠 - 光輪 - 暈 - 幻日 - 幻日環 - 環天頂アーク - 環水平アーク - 外接ハロ -
太陽柱 - 朝・夕焼け - 薄明光線 - 蜃気楼 …


2009/8/15 12:10 月山山頂にて撮影 数分後に見えなくなる

イメージ 3

          環水平アークとは
上空の氷の結晶の方向がほぼそろったときに、この結晶で屈折した太陽光により見える現象
一般の虹が太陽とは反対の方向に見えるのに対し、環水平アークは太陽と同じ方向に、ほぼ水平に現れる




その後 12:25 再び出現

イメージ 2

コメント

非公開コメント

プロフィール

アキ爺

FC2ブログへようこそ!

最新情報

月別アーカイブ