開花現象・・・・・『みぃ~つけた:笹の花』・・・・2009/6/7 明神ヶ岳

2009/6/7 明神ヶ岳で珍しい花に出会った



それは



『笹の花』





イメージ 1



竹や笹には種類が多く爺にはこれが『スズタケ』と断定はできないが・・・・



             竹と笹の違い
    植物学的には両者に厳密な境界はないそうです
    と言うよりも学術的には区別する意味がないそうです
    便宜上はタケノコの時に付いていた皮が成長とともに剥がれ落ちてしまうのが『竹』
    成長した後も付いているのが『笹』ということのようです






イメージ 2



竹類の開花現象は、「竹の七不思議の一つ」といわれるほど珍しい



数十年おきとか百数十年おきとか言われているが確認されているものは少ない



花を咲かせると同じ地下茎のものが一斉に枯れ、種を作り、その種を基に発芽すると言われている





イメージ 3



かなり広範囲に花が咲いていた



イメージ 4





竹類はイネの仲間で



発芽してから長い年月 地下茎によって繁殖を続ける



そして

ある一定の時期に達すると



花を咲かせ、種子を実らせて一生を終えるようです



来年この一帯がどうなっているのか?



興味が湧きます・・・・・来年も登ってみようかな♪

コメント

非公開コメント

プロフィール

アキ爺

FC2ブログへようこそ!

最新情報

月別アーカイブ