• 旬の山菜 『みずな(赤みず)』 のゴマ油炒め
    2008/5/25 日光へ渓流釣りへ沢沿いに群生する『みずな』を採取『みずな』は京野菜の水菜ではなく『ウワバミソウ』のこと「赤みず」「みず」などとも呼ばれている【赤みず】(ウワバミソウ  イラクサ科)別名 : ミズ、アカミズ、みず、みず菜 きれいな水の流れる沢に沿うように自生していて、大変水気を好み、暑さに大変弱い山菜です。根元から茎にかけて名前の通り赤い色をしていることから「赤みず」と呼ばれるわけですが、た...
  • 大鳥圭介らは慶応4年4月29日六方沢の谷底で・・・・・翌閏4月1日会津へ・・・
    2008/5/22 日光・霧降の古道『六方沢越え』を歩いたそもそもの始まりは霧降高原道路の六方沢橋のたもとに立つ案内板 大鳥圭介らが六方沢の谷底で見た景色戦いも忘れさせる桃源郷の様な景色それを見たい!それにはおなじ月日に谷底に下りねば・・・・慶応4年4月29日と翌日 閏4月1日 旧暦を西暦に慶応4年4月29日は西暦1868年5月21日翌日は5月22日と言う訳で140年後の5月22日に歩いたのだ![ http://blogs.yahoo.co.jp/akijiiji/38959...
  • 庭を占拠した紅紫集団は何者?
    2008/5/28 爺宅の庭は紅紫の花が一面に広がってこの植物植えた覚えはない何者か?野草図鑑で・・・・犯人を特定できた!その名は : ムシトリナデシコ漢字では : 虫捕り撫子(虫取撫子)虫捕り撫子(ムシトリナデシコ) は、初夏に長い萼筒を持った、主に濃桃色(白色品種もあり)の小さな五弁花を茎先に多数付けて咲かせるナデシコ科の耐寒性一年草です。ヨーロッパ原産の帰化植物で、こぼれ種で増えて、野生化しているものもあるので...
  • 5月25日 日光の沢で出会った花
    2008/5/25 日光・藤原の渓流釣りで出会った花...
  • 5月25日 昼前に雨が上がり日光で渓流釣り
    2008/5/25 予定していた登山が悪天候の為中止朝目覚めると予報通りの雨仕事は休みゆっくり朝食天気予報では昼前には雨が上がると10時過ぎて日光の渓流へ予報は当たり雨は上がったが沢は雨で増水支沢のQ沢(今シーズン 17ヶ所目の沢)へ入る 直ぐに小滝今日のエサはキジ(ミミズ)暫くアタリ無し 最初に小さなヤマメが その後は岩魚釣果 ヤマメ 1 尾   イワナ 10 尾 お持ち帰り 岩魚 4 尾小さめなのでフライで頂いた今シー...
  • 日光・霧降高原道路と古道『六方沢越え』
    2008/5/22 日光・霧降高原の古道『六方沢越え』を歩いた現在では霧降高原道路の六方沢橋が沢を跨ぐ 六方沢橋 : 六方沢にかかる長さ 320mの逆ローゼ型アーチ橋標高 1434m、谷底からは 134mの高さ昭和 51年に完成勿論『六方沢越え』の渡渉地点は見えないが・・・・橋から約 1.8km 下流です 戊辰戦争の説明も 霧降高原道路からの景色は素晴らしい!...
  • 山は色とりどりのツツジの花で飾られて桃源郷に
    2008/5/22 日光・霧降高原の古道『六方越え』を歩き色とりどりのツツジの花に出会った出発点の霧降ノ滝駐車場・つつじヶ丘のヤマツツジは終わりかけていたが鶯尾根から六方峯はヤマツツジが最盛期尾根道は赤いトンネルが延々と続く若葉の緑とヤマツツジの赤が道を包む真っ赤なヤマツツジは燃えているかの様 六方沢を渡渉し大笹牧場へ登り返す道はシロヤシオとトウゴクミツバツツジが満開清楚なシロヤシオは気品が漂うシロヤシオ(...
  • 古道歩きで沢を渡渉・・・・・時間が無いのに竿を出す
    2008/5/22 古道歩きでP沢を渡渉渓魚は棲んでいるのか?時間が無いのでおにぎりを食べながら竿を出すすぐにアタリが型のいい岩魚だトビが羨ましそうに飛び廻る 最終のバスに乗り遅れたら大変でも・・・もうチョットだけ 岩魚を5匹釣って先を急ぐ お持ち帰りは3匹大笹牧場レストハウス発15:30最終バスの発車 10分前に間に合った!...
  • 日光・霧降の古道『六方越え』を歩く・・・・・戊辰戦争・幕府軍敗走の道
    2008/5/22 古道『六方越え』を戊辰戦争・幕府軍敗走の140年後の同じ月日に霧降ノ滝駐車場から大笹牧場までを歩く慶応四年閏四月一日は西暦1868年5月22日霧降ノ滝駐車場に車を置きつつじヶ丘から大山へのハイキングコースを丁字ノ滝から古道コース(戊辰の道)へ鶯尾根はヤマツツジが満開ツメタ沢を渡り六方峯へ高原ハウスへの分岐を大山方面へすぐに古道分岐藪となっており分かりずらいしばらくは藪漕ぎそのうちしっかりした道形の...
  • これが140年前の今日(5月22日)幕府軍を率いる大鳥圭介が六方沢の谷底で見た景色?
    慶応4年閏4月1日(西暦 1868年5月22日)日光から栗山へ敗走する大鳥圭介率いる幕府軍は六方沢の谷底で朝を迎える シロヤシオの咲く六方沢で大鳥圭介が漢詩を詠じた 六方越  大鳥圭介作深山日暮れて宿るに家無し石に枕し三軍白砂臥す暁鳥一声天正にはる千渓雪は白し野州花 ・・・・・深い渓谷は雪の様に真っ白なシロヤシオの花におおわれていた霧降高原「六方沢」慶応4年4月29日、大鳥圭介は200名近い負傷兵を藤原経由...

プロフィール

アキ爺

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ